私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私の家の隣には床屋があって、でも何故か両親は離れた場所
にある床屋へ行くことを私に進めていた。

佐野理容店
場所は小牧の有形文化財「岸田家」の隣。
床屋の目の前には銭湯がある。小牧の街道筋。
1ヶ月~2ヶ月に一回、土曜の午後に佐野理容店に行
った。父も通っていた床屋さんなのか、お店の方にずいぶん可
愛がってもらっていた。

しかしどうも私は嫌だった。

そこの娘さんが私に対して二言目には「おぼっちゃん」
「跡継ぎ」と言うからだ。
父の実家はそこそこ、小牧では有名なお店。そこの跡継ぎであっ
たこともあり、その実家の孫の中で初めての男の子なので、その
ようなことを言ったのだろう。

本当につらかった。

床屋に入ると、貸本屋からお店が借りているマンガが幾つかあった。
手塚治虫の作品がほとんど。そしてTVから流れる番組は吉本新喜劇。

私は知らないが私のことはよく知っている人たち。

不思議空間でした。

-----------------------------------------------------------------------
余談:小学校の時、友人と床屋の話をして、友人が佐竹理容店と私の佐
野理容店を間違えていた、同じ街道筋にあったが少し場所が離れている。
その佐竹理容店に関して最近ある事実を知った。
なんと佐竹理容店、私の親戚であった。(といても、父方の親戚)
-----------------------------------------------------------------------
[PR]
by komakishi | 2006-01-21 09:34 | 昭和48年
私の実家は、料理屋であった、お店が終わるのがこの当時
20:00位、22:00には床につく両親。
体格がよく、大食漢でもあった父。
夜になると私を誘いよく行ったお店。

電車ラーメン。

小牧の中でも多きな基幹道路となる国道41号線、当時は旧国道41号
(県道名古屋犬山線)に対して国道41号バイパスと読んでいた。

国道41号線を名古屋から犬山方面に向かい、155号線の手前、左側
24(ウーホー)の近く。

何故電車ラーメンか。お店が電車だからです。



電車を買い取り、地べたに電車を置いて、その中でラーメンを食べる。
地元でもなかなか有名なお店でした。
国道沿いなので、当時珍しく深夜まで営業をしていました。

父と私は、ラーメンと一緒に入り口にある、保温から、串かつを味噌に
付けて食べる。これがいつものメニュー。

父とは仲が良いとはいえませんでした。でも何故か今ある思い出はいい
ことばかり。

そんな思い出の電車ラーメン。 国道41号線の拡幅時に、電車の建物(?)
を手放し、国道41号線の名古屋寄りに「ラーメンハウス一番星」として
引き続きお店をやっていたとか。

今どうなっているのでしょうか?

私にはわかりません。
[PR]
by komakishi | 2006-01-20 23:23 | 昭和54年
小牧ストアがオープンして1年、小牧ストアに入居しているお店のオーナーや
店員が、父の経営するお店に来店してくれるようになり、常連化していました。

父と世代が近いのか、非常に親しい仲のように感じました。

冬休みのある日、母が「ぼ~としとるんだったら、ちょっと知り合いの所へ
いってお手伝いしてりゃぁ~」。

ということで、小学校5年生なのに、なぜか、小牧ストアでバイトしていました。

バイトをしていたのは、伊賀商店というお菓子屋。

仕事の内容は、

・お菓子を袋につめる
・お菓子を陳列する
・お菓子を売る。

働く時間は朝9:00頃から夕方17:00頃まで、ほぼ毎日。

ここのオーナ伊賀ゆうじろうさんは、兄弟で伊賀商店を立ち上げて、小牧のお店
をまかされていました。
仕事にはとても厳しく、小学生の私にも厳しく指導をしてくれていました。

それにしても、小学生があかの他人の店で仕事をする。

今、考えると、自宅でお店の手伝いをするより、他人に預けることで商人として
一人前にしたいという母の思い入れだったのかなぁ~なんて考えたりしています。

初めてのアルバイト、もらた給料。
金額は忘れましたが「働くことのありがたさ」を覚えました。


「伊賀商店」中学までお世話になったお店です。
[PR]
by komakishi | 2006-01-14 17:02 | 昭和51年
小牧市には北外山という地名がある。
読み仮名は「きたとやま」。

私の住まいは北外山南屋敷だった。
小牧南小学校から自宅への通学路の途中、突然商業施設
がオープンした。

「小牧ストア」

いくつもの商業施設からなるテナント施設。

食材、家電製品、衣料ここに行けばある程度のものが揃う。
たくさんの人が訪れて、にぎやかなお店がたくさん。まるで場外市場のよう。

外食の産業化、流通の大手化が当たり前の現在では考えられない、個人商店
が元気な時代。 とてもいい雰囲気でした。

覚えているお店。
 伊賀商店(お菓子屋)
 喜久屋(お菓子屋)
 石田商店(食品、乾物雑貨店)
 大平ドラック(薬局)
(お店の名前は忘れてしまいましたが、他に肉屋が3店、お好み焼き屋、豆腐屋、おもちゃ屋
、家電販売、喫茶店などが入っていましたね。)



そして、昭和51年(1976年)冬 小牧ストア「伊賀商店」で語りますが、ここは私にとっても思い出深い場所なのです。

現在この場所は、何度かお店がかわり。
問屋スーパーSNT小牧店として営業をしています。
[PR]
by komakishi | 2006-01-14 16:42 | 昭和50年