私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和51年(1976年)夏 我が家は、うなぎ屋

夏が来ると思い出す。
セミの声、小牧市七夕祭り、そしてうなぎ。

土曜の頃、学校から自宅に戻る。
ダクト(換気扇)の「ゴォ~」という音と一緒に
うなぎの香りが私をつつむ。

「ただいま~」と裏から店に入ると、そこは慌ただしい。

この頃、自宅は1階で、お店の奥にすまいがあった。
裏口から入って、お勝手を通りトイレの前を通過して
始めてすまいにたどり着く。

弟はまだ4歳。幼稚園に通い始めたばかり。
家は父と母と職人とパート4~5人でまわしていたため
家事ができない。
細川さんという自宅の近くにすんでいたおばあちゃんが
洗濯やその他を手伝ってくれていた。

すまいについて、じっと待つ。

時間は14:00頃、

母が「昼食だよ」と呼びに来る。
飲食店の昼食は14:00位、昼の部から夜の部の間を準備中
とする我が家では、この準備中に食事をとる。

テレビでは吉本新喜劇が流れる、間寛平、木村進などが
若手として活躍している。

そんな昼に「うなぎ丼」が出る。
カレー、スパゲティー、ハンバーグが好きな子供にとって
ありがたくない食事。

おいしいとは感じない。

でもタレは好きだった。

飲食店は毎日 お米がたけているので、小腹が空いたら、
ご飯にタレをかけて食べる。
タレは、小牧の味噌鉄というお店で売っている醤油を父が
加工して作ったもの、何年も継ぎ足している。

旨かった。

うなぎ屋の息子にとっての土用の丑の日は夏の思い出である。

また食べたいなぁ~ でもあの味を再現できる人はこの世にいない。
[PR]
by komakishi | 2007-07-31 18:53 | 昭和51年