私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和54年(1974年)秋 間内駅の近くにあった塾

私は勉強があまりできませんでした。
家が自営業なので、基本的には「ほったらかし」状態。
それでも、「塾ぐらいは」ということで、応時中学校の同級生 飯田君のおすすめで
間内駅の近くの塾に通うことに。

名前が思い出せない。

当時あったVマート間内店から春日井市方面へ向かい、名鉄小牧線の線路を渡り
鈴木商店を超え、タカケンクリーニング(当時)の先の角を左に曲がった所にあった
塾。

昔タイプの塾。「進学校を狙え!」ではなく「楽しく勉強をしよう!」そんな塾。
先生も二名。
この塾のオーナー
他から来ている先生(足が不自由な方でした)

学校の延長のようで勉強をする。 途中休憩でお菓子が出る。

ゆっくりとした塾。

そこである男の子と出会う。

松下祐君(今は某会社の娘さんとご結婚をして別姓を名乗っています)

不思議なことにこれをきっかけに仲良くなった。


何故か、何故か。 不思議なもんです。
[PR]
by komakishi | 2006-11-22 19:48 | 昭和54年