私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和59年(1984年) 秋 ケンタッキー小牧店

大学生活にも慣れ、クラブ活動も安定してきた。
そろそろ地元でアルバイトでも再開をしたいと思っていた。。。
国道155線を小牧山から国道41号線に向けて、自転車でとおりかかったところ、ふと「アルバイト募集」の貼り紙が目に止まった。

その貼り紙がはってあった建物。。ケンタッキーフライドチキン小牧店。(KFC小牧店)

早速、履歴書を用意し面接の申込みを。

即採用であった。

ここのアルバイト、私の人生の中でも非常に思い出に残るアルバイト。
いろんなことがありました。。。詳しくはいくつかに分けて書きます。

今回は入りたてのお話。

アルバイト初め。
当時の小牧店の店長は丹羽店長、非常に若い店長で若さゆえの暴走ぎみデリケートでプライドの高い人。副店長は波多野副店長、店長と違い、おおざっぱ、暴力的、言い換えれば子供。
(店長、副店長とも好きでした)
そんな上司の元、多くのアルバイトの先輩のもとで色々と学んだ。

驚いたのはアルバイトでありながら社員と同じ、いえそれ以上の責任感があることである。

仕事に対してはプロです。まるでアルバイトがまわしているような感じであった。
遊びもワイルド。「走り屋」が多く、よく皆でつるんでいたようだ。
私も大学やクラブの先輩よりアルバイトの仲間の方が気があった。
(田中さん、清水さん、スミカマさん、木野さん、安藤さん、斉藤さん、山下さん、大野さん、米津、橋本。。。。が始めた頃のメンバー)

大学、クラブ活動、アルバイト。。大学生活に突入したのであった!!

あ~この続きを書くのが楽しみです。。
[PR]
by komakishi | 2004-05-26 23:57 | 昭和59年