私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和54年(1974年)冬 国道41号線の電車ラーメン

私の実家は、料理屋であった、お店が終わるのがこの当時
20:00位、22:00には床につく両親。
体格がよく、大食漢でもあった父。
夜になると私を誘いよく行ったお店。

電車ラーメン。

小牧の中でも多きな基幹道路となる国道41号線、当時は旧国道41号
(県道名古屋犬山線)に対して国道41号バイパスと読んでいた。

国道41号線を名古屋から犬山方面に向かい、155号線の手前、左側
24(ウーホー)の近く。

何故電車ラーメンか。お店が電車だからです。



電車を買い取り、地べたに電車を置いて、その中でラーメンを食べる。
地元でもなかなか有名なお店でした。
国道沿いなので、当時珍しく深夜まで営業をしていました。

父と私は、ラーメンと一緒に入り口にある、保温から、串かつを味噌に
付けて食べる。これがいつものメニュー。

父とは仲が良いとはいえませんでした。でも何故か今ある思い出はいい
ことばかり。

そんな思い出の電車ラーメン。 国道41号線の拡幅時に、電車の建物(?)
を手放し、国道41号線の名古屋寄りに「ラーメンハウス一番星」として
引き続きお店をやっていたとか。

今どうなっているのでしょうか?

私にはわかりません。
[PR]
by komakishi | 2006-01-20 23:23 | 昭和54年