私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和50年(1975年)夏 小牧ストア

小牧市には北外山という地名がある。
読み仮名は「きたとやま」。

私の住まいは北外山南屋敷だった。
小牧南小学校から自宅への通学路の途中、突然商業施設
がオープンした。

「小牧ストア」

いくつもの商業施設からなるテナント施設。

食材、家電製品、衣料ここに行けばある程度のものが揃う。
たくさんの人が訪れて、にぎやかなお店がたくさん。まるで場外市場のよう。

外食の産業化、流通の大手化が当たり前の現在では考えられない、個人商店
が元気な時代。 とてもいい雰囲気でした。

覚えているお店。
 伊賀商店(お菓子屋)
 喜久屋(お菓子屋)
 石田商店(食品、乾物雑貨店)
 大平ドラック(薬局)
(お店の名前は忘れてしまいましたが、他に肉屋が3店、お好み焼き屋、豆腐屋、おもちゃ屋
、家電販売、喫茶店などが入っていましたね。)



そして、昭和51年(1976年)冬 小牧ストア「伊賀商店」で語りますが、ここは私にとっても思い出深い場所なのです。

現在この場所は、何度かお店がかわり。
問屋スーパーSNT小牧店として営業をしています。
[PR]
by komakishi | 2006-01-14 16:42 | 昭和50年