私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和54年(1974年)春 応時中学の宮本氏という体育の先生。

中学2年、学級編成があり担任や科目の先生が変わった。

西川菊次郎先生は他でも語ったので、他に印象に残る先生
をここで。

やはり宮本先生だろう。。。

しかし、私はあまりこの先生を語ることができない。
というか、もっと宮本先生を愛し、語ることができる人が沢山い
るのでその方に譲ります。

あえて、少し触れるのならば。。。

この先生、記憶ではすぐ近くの米野小学校から赴任してきた。
応時中学は南小学校と米野小学校の生徒がいる。
米野小学校卒業生からも人気があり信頼のあった先生。
すぐに話題となった。

体育の先生であり、三重県では野球の名門高校の卒業

(実は、この後進学する、中部工業大学付属高校に赴任してき
た柏木先生の先輩にあたる)。

先生は兄貴である。

最初はわからなかったが、1年間 体育を受け持ってもらい
この先生がどれだけ凄い人かわかった。

この先生は教育者である以前に「人」である。

学問を教えるというより「人」を教える先生。
熱心というよりは、自然である。

そこが皆に受けたのだろう。

やさしさはあるが、厳しい、怒るととても怖い。
しかしその人のことを思っているという感情が伝わる
(この辺り、西川先生に似ていた)

某卒業生のコミュニティーサイトで同級生の書き込みのこの
先生と集う書き込みがある。

宮本先生のことは、私ではなく その人達に語ってもらいたい。


補足:
宮本先生は今も小牧で先生として活躍をされているという噂を聞きました。
(未確認)
[PR]
by komakishi | 2005-06-12 02:05 | 昭和54年