私の記憶をここに刻みます。


by komakishi

昭和52年(1977年)夏 豊山町の空港ボール

小学6年の夏、小牧にはレジャー施設があまりない。

両親が営んでいた店は、木曜が定休日である。

父は板前なので、定休日は家で「焼肉」か「すき焼き」を食べるのが基本であったが、たまに
は外食をした。

西春日井郡豊山町、父は豊場と呼んでいた。豊山町には小牧空港(名古屋空港)
があり、その近くには「空港ボール」がある。国道41号線沿いである。
(実は豊場は豊山町の地名の一つである)


空港ボールには2点の外食店が入っている。

「ステーキのあさくま」
ラテン系の曲に合わせて「ウェルカムトゥ アサクマ」というCFが印象に残って
いる。ファミレスという言葉がまだあまり普及していないので、このお店はレス
トラン、ステーキとハンバーグのお店である。
私は贅沢にも、テンダロインステーキをいつも食べていた。これは板前である父
が、子供頃からいいものを食べさせるというポリシーだったためである。
(子供の私はハンバーグが食べたかった)

「頤和園(いわえん)」
少し贅沢な中華料理。ここの社長は父のマージャン仲間である。
コーンスープと鳥のから揚げが私の定番である

父のその時の気分で、このお店のいずれかを選んでいた。

食後は、空港ボールなので、ボウリング。。といいたいところだが。
実は「パチンコ」である。

子供にパチンコをやらせるなんて、とんでもない親である。

しかし、名古屋はパチンコ屋がおおく何故か生活になじんでいるのでそんなこと
「おかまいなし」 

怖い話だ。

パチンコに飽きると、ゲームセンターでインベーダーゲーム。

定休日、家族団らんのレジャーである(笑)

空港ボールついでに。
ここにはサウナがある。夜、父のよくサウナにつれていってもらった。
サウナデビューは小学校6年生頃、しかも深夜。

本当にとんでもない親である(笑)



参考: 空港ボールは現在わくわくボウルと呼ばれている。
    豊山町、小牧市の隣にある町、世界のイチロー生誕の地である(おおげさ?)
[PR]
by komakishi | 2005-06-08 01:49 | 昭和52年